スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『この夏もドミニカ共和国へ多くの方にお越しいただいています!』

180730 mets

 7月21日にドミニカ共和国へ到着し、10日ほどが経とうとしています。
 この間に、6名の日本人の方にここまでお越しいただきました。
 
 この冬にもお越しいただいた日本でも名だたる整形外科のお医者さんと、小学5年生の息子さん、医療機器メーカー勤務の方、日本の独立リーグ関係者の方、アメリカで少年野球を指導されている方、そして、日本の大手新聞記者の方にお越しいただきました。来週からも多くの方が引き続き到着されます。

1807230 san diego game

 夏はMLB全30球団のアカデミーが実施するドミニカンサマーリーグの観戦もでき、小学生から高校年代までの選手育成・指導の様子を全て見ることができます。
 ドミニカンサマーリーグでは、16歳以上のラテンアメリカ出身(ドミニカ共和国だけでなく、ベネズエラ、コロンビア、メキシコ、パナマ、ニカラグア、キュラソー島など)の選手が各球団とそれぞれマイナー契約を結び、各球団1チームないし2チームの編成で各チーム72試合のリーグ戦を行います。それぞれ40名ほどの編成(ロースターは35名)と考えても、40名×40チームほどで約1600名の優秀な16~18歳のラテンアメリカ出身選手による試合を毎日見ることができます。

180730 jb

 子供たちのプレースタイルは、小学生からとにかくアグレッシブ。どの年代も指導者は彼らが経験をたくさん積むこと、前向きにプレーする環境を作ることを重視し、彼らが過度なプレッシャーにさらされないよう、大会方式や日々の指導のあり方も考えられています。

180730 LAD game

 とにかく先で活躍できるように、ということが最優先され、投手の投球数の管理も高校年代でも徹底されています。例えば、ドジャースのアカデミーでは、17・18歳の投手たちに対して、シーズン半ばを過ぎても誰一人まだ60球を超える投球をさせておらず、リリーフ投手も2連投を1人もさせていません。技術的にも同様で、バットは13歳ころから試合も含めて木製のみ。高校生年代の木製バットを持った力強いスイングは圧巻です。

180730 bau

 『まだまだ若い17・18歳の彼らには、目の前の勝利よりも、成長するということが何より大切だ。そのために、すべての選手が参加し、出場機会を得続けることが大切だと思う。80名の選手たちに多くの経験を積んでもらうために、我々は2チーム編成で合計144試合を3か月で行う。もちろん、投手はローテーションで球数の管理も徹底する。彼らに技術的なアプローチをするのも、それぞれの選手の特徴をまずつかまなくては指導者として失格だ。まず、選手のことを良く知ること。ある選手は早くものごとを吸収し、ある選手は時間をかけながら吸収する。それをよくわかった上で、その選手へどう近づいていくのがベストかを考え、彼らが一番吸収しやすいタイミングで声掛けをしていく。』と、日本の記者の方に応えてくれたのはドジャースのコーチであるアントニオ・バウティスタさん。
 『ここのコーチたちは、とにかく試合に集中させてくれる。プレー中は次のプレーに常に集中し、自分は1球1球自分のスイングを心がけるのみ、結果が出なかったとしても、そのページをめくって、次のページに向かうんだ。コーチたちは選手たちをよく見てくれていて、修正したほうが良い部分があれば、試合後や次の練習の時にいつも冷静にそして明るく僕たちに指導してくれる。』と選手もコーチに信頼を寄せる。

180730 umi

 MLB球団のアカデミーには綺麗な天然芝のグラウンドが何面か用意されており、バランスのとれた食事も食べたいだけ食べられる、英語の授業に加えて、高校卒業の資格が取れるように、地元の高校の先生がアカデミーにきて授業をしてくれる。そして、彼らの将来の活躍を願って日々サポートしてくれるコーチたちがいる。観客もいないし、テレビ中継も新聞報道もない。
『この国に、甲子園大会は必要ですか?』と問えば、訪問した多くの日本人が『いらない』と答える。
 これからの日本の野球に何が必要で何が必要ではないか。共に考えて行動に移しましょう!!

180730 minna

180730 SD tatemono

180730 LAD club
 

『新たな学びと出会いを求めてドミニカ共和国へ、そして人生初の出版!』

 皆さま、こんにちは。

0722 bocachica

 日本は酷暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 私は7月19日に関西空港から出国、飛行機を乗り継いでカリブ海に浮かぶドミニカ共和国まで来ています。

0722 miranda

 これまでに50名を超える方に日本からお越しいただきましたが、この夏も新たに15名もの方がお越しいただける予定で、共に学べる機会を楽しみにしています。

 日本では猛暑の中で連日負けたら最後の高校生のトーナメント戦が行われ、選手の将来に対するリスクを顧みない試合が毎日行われています(もちろん、高校野球が生み出す良い部分もあると思いますが、将来の育成という観点でみると残念すぎる部分が多いです)、一方でドミニカ共和国では同年代の選手らが各チーム72試合のリーグ戦を行い、投手はマックス80球・中5日、野手もローテーションの中で無理をさせず、かつ将来を一番に考えた育成(試合での木製バットの使用もその1つ)を行なっています。

0722 DSL

 その育成環境の違いは昨年1年間だけでも人口1000万人から150名以上ものメジャーリーガーを輩出していることからも結果として現れているのではないかと思います。

 甲子園100回大会とのことですが、今後の子供たちのためには日本の野球も本当に大きく変わっていかなければと思います。そのためのヒントをまたこのドミニカ共和国で得ることができればと思います。

 そして、私事ですが、この度、様々な方のご配慮により、ドミニカ共和国の野球を題材にした本を出版することになりました。

0722 book

 タイトルは仰々しいですが!?東邦出版より、「ラテンアメリカ式メジャー直結練習法」というタイトルで7月23日より全国の書店にて発売開始、下記URLよりアマゾンでも発売(先行予約も受付)しています。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4809415945/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4809415945&linkCode=as2&tag=misa0718-22&linkId=e8fc980b1b5673f67b9d65dc3a998636

 2012年に初めて訪れて、日本とは全く違う選手指導を目の当たりにし、これを伝えたいと思って活動して数年、まだまだ道なかばですが、これからも多くの方と思いを共有しながら、より良い日本のために微力ながら貢献できればと思います!

 引き続きよろしくお願いします!
 

『ジャイアンツカップ予選!堺ビッグボーイズやります!!』

 皆さま、こんにちは。
 大阪は信じられないほどの酷暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 コーチとして指導にあたっている中学硬式野球チームの堺ビッグボーイズは、この週末ジャイアンツカップ大阪予選に参加しました。

180717 seiretsu

 先の各連盟の全国大会予選で上位まで残った16チームしか予選に参加できないレベルの高い大会です。

 1回戦は寝屋川のヤングリーグのチーム、大阪球道さんと対戦、中盤に好走塁を多く重ねて10-0の4回コールドで勝利しました。

180717 haruki

 翌日はボーイズリーグ大阪南支部の泉州阪堺ボーイズさんと準々決勝で対戦、序盤0-3とリードされるも、そこから粘りを見せて2点を返し、守っても3回以降は相手に点を与えず2-3のまま最終回を迎えました。最終回の7回表、1死2塁から、センター前ヒットを放ち、センターからホームへの送球がそれる間に土壇場で同点!その後のチャンスは得点できず、その裏にサヨナラヒットを打たれ、残念ながら準決勝進出はなりませんでした。

180717 nishino

 1~2か月前までは、なかなか試合に勝てなかったチームですが、全国大会予選、そして、このジャイアンツカップ予選と本当に見違えるように成長してくれました。

 自分たちの野球を信じ、やってきた練習を信じて、打席に向かい、打球に向かう姿はベンチからも大変頼もしく感じました。敗戦は悔しいけれども、見違えるように成長した子供たちを暖かく迎えて下さる保護者のみなさんの姿勢にも本当に感謝しかありません。

180717 maehara

 堺ビッグボーイズでは、長時間にわたる子供たちに負担となる過度な練習は一切しません。また、将来のパフォーマンスに影響を及ぼすような投球過多や変化球過多なども、最大限配慮して、大会に臨んでいます。それでも、だからといって負けて良い試合はなく、自分たちで制約をかけたうえでも、相手チームに互角に、互角以上に勝負していきます。

180717 saigo

 今回の成績が良かったため、8月中旬にはオリックスが主催するバファローズカップに出場することができます。子供たちはきっとまた成長した姿を見せてくれるでしょう!

 チームに勢いを与えてくれている子供たちに感謝です!!

180717 enjin
 

『ボーイズリーグ選手権 大阪阪南支部予選』

 昨日から気温も上がり、夏が近づいてきていることを感じます。 
 コーチとして指導に携わっている堺ビッグボーイズ(中学部)は、この2週間にわたりボーイズリーグの夏の全国大会の支部予選にのぞみました。中学3年生にとっては集大成の大会です。

180626 8

180625 5

 14チームを4グループに分けて行われる予選リーグでは、2勝0敗とし、2試合ともコールド勝ちをおさめ、全体でも1位となり、決勝トーナメントは準決勝からの出場となりました。
 そして、この週末に行われた決勝トーナメントでは準決勝で富田林ボーイズさんに12-1のコールド勝ちとし決勝戦(代表決定戦)に駒を進めました。
 決勝戦は大阪狭山ボーイズさんと対戦、1点を争う試合となり、5回には逆転となるタイムリーを放ちリードを奪いましたが、その後再逆転を許し、残念ながら準優勝となりました。

180625 3

180625 6

 3年生を中心とする今年のメンバーは、ここまでなかなか力を出し切れない試合もありましたが、見違えるほど大きく逞しく成長し、試合の中でも自分たちの力を存分に発揮してくれたことを嬉しく思います。

 堺ビッグボーイズは勝利至上主義ではなく、子供たちの将来を最優先する指導を行うことを理念として活動しており、その中の1つの取り組みとして、子供たち自身が『野球を好きになる!楽しむ!』という考えも大切にしながら指導にあたっています。ミスやエラーに対して厳しい指導をしないのは、彼らが指導者に怒られないようにするがための消極的なプレーをすることなく、のびのびと最大限の力を発揮してほしいからです。

 ただし、それはただ単に『楽しくやればいい』、要するにお気楽にやればいいということとは全く異なります。

180625 4

 子供たちに心身ともに過度な負担をかける勝利至上主義を行うつもりはありません。(残念ながら他チームを見ていると、あきらかに登板過多による怪我に苦しむ中学生もたくさんいます。野球だけしか考えさせない長時間練習を行うことも我々は行いません。)子供たちの今ではなく、未来を最優先する指導を行いますが、試合は試合で最大限勝利を目指して臨みます。

180626 7

 負けても良いんだ、ただ楽しくやればいいんだという試合の中での学びはそんなに多くないのではないかと思います。勝利を目指し、その中で自分たちの力をいかに出していくか、うまくいったこともいかなかったことも含めて、また次に向かっていく。負けてもいいんだではなく、試合は全力で勝利を目指し、勝っても負けても全て受け入れてまた次に向かっていくことが大切だと思います。

 最終回、最後のバッターが放ったセンターへのフライが相手選手のグラブにおさまるまで全くあきらめる様子もなく、全力でプレー、応援してくれた選手たちを指導者として誇りに思うとともに、彼らから多くのことを学ばせてもらえることに改めて感謝です。

180625 1

 今日からまた前進できればと!Vamos Adelante!!

180625 2
 

『今こそ、指導者から選手へのリスペクトを!!』

 皆さま、こんにちは。
 気づけば前回のブログから2か月がたっていました・・・。
 この2か月間に、新潟、群馬、東京、神奈川、千葉、長野、岐阜、大阪、福井、沖縄でセミナーを開催する機会をいただき、今後のセミナー開催準備で宮城、高知、鹿児島にもお伺いしました。様々な場所で多くの方に暖かく迎えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

180612 1

 この2カ月の間に、日本のアマチュアスポーツ界で大変残念なプレーがおき、社会でも大きく取り上げられていることはここで改めて述べる必要もないかと思います。日本大学アメリカンフットボール部のフェアプレーを逸脱したあのプレーです。

 当該選手、指示をしたとされる指導者ら、怪我を負った選手、相手校、連盟、たくさんの方が連日テレビに出てコメントをしていました。

 自分自身が感じたことは、たまたま今回はアメフトで問題が表面化しただけで、野球も他のスポーツも構造的には大きな違いはなく、どこで表面化しても決して不思議なことではないということ。

 ドミニカ共和国で出会った、メジャーリーガー、メジャーリーグを目指す選手たち、そしてそんな彼らをサポートし続ける指導者の方々、中でもロサンゼルス・ドジャースのドミニカンアカデミーで17-18歳の若い選手たちを25年以上に渡って指導されているアントニオ・バウティスタ・コーチが常に大切にされている姿勢を今こそ多くの日本のスポーツ関係者に伝えたいと感じています。

 『選手との信頼関係を築くために、まずは指導者が選手に敬意を払いなさい。』

180612 bau

 まだまだ経験が少ないアマチュア選手、不安にかられながらも未来に向かおうとする選手に対して常に指導者が敬意を払い(リスペクトし)、忍耐強く指導にあたりなさい。彼らにネガティブな声掛けはせず、常にポジティブな声かけをせよと。そうして彼らに接しているうちに、きっと選手から指導者に対しても敬意が返ってくる、信頼関係が生まれるのはそれからだ。指導者から選手に対するリスペクトのないところには、選手から指導者に対するリスペクトも存在しない。そこにあるのは選手から指導者に対する恐怖の感情(やらなければ怒られるからやっている)だけだと。

180612 3

 指示したのか、していないのかの論争も長々と続き、その真相もはっきりしないまま、風化してしまいそうな気配も出てきているのかもしれません。重要なことは指示したのか、指示していないのにそう受け取ってやってしまったのかではないのだと思います。

 そこに至るまでに、指導者から選手に対する敬意は存在したのか。指導者と選手の間に信頼関係がなかったのであれば、それは指導者の指導力の欠如なのだと思います。

 他人事だと思わず、自分自身も周りの方々と共にこれからの指導のあり方を見つめなおすことができればと思っています。
 今こそ、指導者から選手へのリスペクトを!
 我々はきっと変化できる!!
 今日は千葉県船橋市でセミナー開催です!

180612 2

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。