『楽しさと悔しさの間で・・・、2016年春の南花台フューチャーズ』

20160223 sanuki

 2月21日(日)にボーイズリーグ春季全国大会の支部予選にのぞみました。
 今回も堺ビッグボーイズのセカンドチーム(この言い回しが良いのかわかりませんが・・・)である「南花台フューチャーズ」の指揮を執らせていただきました。

20160223 monticulo

 本来、1チームから出場できるのは最大でも大会に登録された選手25名のみ。多くの部員が在籍してくれる堺ビッグボーイズからは1人でも多くの選手に出場機会を!ということで、連盟に2チーム登録してセカンドチームも出場しています。

 「南花台フューチャーズ」の選手たちは、本来ならスタンドで応援しているのみであったところ、自分たちもベンチに入ることができ、試合にも出ることができる!という喜びを胸いっぱいに膨らませて球場に来てくれます。

20160223 tamio

20160223 nishiguchi

 彼らはまだまだ体が小さかったり、自分の体をうまく使えなかったりといった選手もたくさんいます。(もちろん、これは悪いことではなく成長していく過程の違いです。)なので、自分たちで試合ができることの喜びもありつつ、思ったようなプレーをして勝利をつかむことが今回もできず、子どもたちの表情は楽しさと悔しさが同居した何とも言えない顔をしていました。でも、彼らの表情を見ながら、この両極端な感情の同居こそが、子どもたちの将来にかけがえのない財産になるのではないかなと、試合中ふと思う自分がいました。

20160223 derecho avanica

20160223 becchi

 初戦がトーナメントから、3チームによるリーグ戦へと変更された今大会。フューチャーズの名のもとに、2試合で登録された25名全員が投手として登板するか、打者として打席に入ることができました。その中で未来ある子供たちにとって最も大切な「チャレンジ」と「経験」をたくさん積むことができたのではないかなと思います。子供たちに結果を求めるのはまだまだ先、10年後・20年後で良いのだと改めて感じます。

 今回、大会運営方式を例え負けてしまっても2試合を行えるように変更して下さったボーイズリーグ阪南支部の方々に敬意を表するとともに、多くの方々のご支援があってこそ出場することができた「南花台フューチャーズ」であることに、この場を借りて改めて関係する全ての方に感謝の意をお伝えしたいと思います。

 試合中、ベンチで指揮を執っていると控えの選手たちが「僕も試合に出たいです!」、「僕も準備できています!」と、ひっきりなしに声をかけてくれます。子供たちが本来持っている「積極性」、「チャレンジ精神」をさらに引き出せる指導をみなさんと共に実践していきたいと思っています。これからも引き続きよろしくお願いします!!

20160223 kitahashi
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する