『このままでは終わっていく・・・、その危機感をエネルギーに!』

20160210 kensyu 2

 2月4日~7日と岐阜→長野を周り、各地でドミニカントークをさせていただきました。
 長野では約40名の中学校・高校の野球指導者の方が出席くださり、ドミニカと日本の野球指導方法の違いを紹介しながら様々な質疑応答も行うことができました。

20160210 casco

 みなさんの積極的なご参加の背景に感じるものは、大きな危機感のような気がします。
 「スポーツの多様化により、野球をやる子供が減っている。」
 「野球を指導したくて教師になったにもかかわらず、そもそも野球をやる子供たちがいなくなっている。」
 「うちの野球部は在籍が一ケタで合同チームを組まなければ試合に出れない。」
 そういった状況で、
「変わらなければならないのは我々指導者なのではないか?」
という思いを持ってお集まりいただいた方が多く、それが充実したセミナーにつながっていったような気がします。

20160210 kensyu 1

セミナー後の懇親会で近くの席になった方々からコメントをいただきました。
「正直これまでのどのセミナーより胸が痛かったです・・・。自分がこれまで何年も行ってきた指導が間違っていたのではないかと思わされました。でも、そもそもセミナーに参加するということは、そういうことなんですよね。自身がやってきたこと、やっていることを肯定してくれるセミナーに参加して安心するのではなく、これまでの自分の言動を振り返り、胸を痛めながらも、自身が変化していくために参加する必要があるのだと思います。」
 
 お帰りになる際に、胸から若干の出血をして苦しいながらも、でも今日から自身も変わっていこうという明るい顔をされた方も多く、私自身にとっても非常に充実した日々になりました。

 岐阜・長野と3日間で、実に多くの方とドミニカントークをしました。
 意外にも多くの方から、私もドミニカに行きたいです、私は行くと決めました!という決意もいただきました。ドミニカまではいけないけれども、引き続き多くのことを学んでいきたいとおっしゃって下さる方もたくさんいます。
 決して、日本の野球がダメで、ドミニカ野球が100%優れているということを言いたいわけではありません。現状に満足せず、変化を恐れず、常に学び続けること、大人自身がその姿勢を持ち続けることが、いずれ自然と子供たちにも伝わるのではないかと思います。

20160210 sude

 3月上旬にも関東方面(栃木・埼玉・神奈川)でセミナーを開催予定です。
 少しでも日本の野球を通じて子どもたちの明るい未来に貢献できればと思っています。

 関東方面の案内はこちら
 ↓↓
 https://www.facebook.com/sakaibigboys/posts/1028284800576498
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する