スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『人生すべてが捨て身!?』

20151216 centro

 朝、サントドミンゴの街中をウォーキングしていると、突然後ろから声をかけられました。

 『あなたは日本の野球のスカウト?僕15歳で左投手なんだけど、これから契約できる球団を探しているところなんだ!ぜひ、一度僕のピッチングを見に来てよ!』

 一歩ホテルを出れば、こんなことは珍しいことではなく、むしろ日常茶飯事です。
 もちろん、そんな簡単に契約にこぎつけるわけはないとはわかっていながら、万が一のこともある、少しでも可能性があるなら彼らは声をかけてきます。
 『うちの息子のプレーを一度見てくれないか!?』もはや挨拶のようなものです。

 しかし日本のどこに、見ず知らずの大人を呼び止めて(しかも外国人を)、自身の契約について話す15歳の子供がいるでしょうか?
 もちろん、社会が違う、環境が違う、文化も違う。でも、彼らの積極性から我々が見習うべきものもたくさんあるのではないかなと思います。

20151216 zurdo

 10分くらい野球についての話を歩きながらした後、『じゃあ僕、球場までアップをかねて走っていくからまたね!』と走り出した少年。まだまだ無力な自分は彼の背中を眺めながら、ただただ幸運を祈るばかりでした。

 失敗を恐れない、常にチャレンジする、行動する、失敗してもまたチャレンジする、ドミニカの方々から学ぶべきこと日々多しです。


 

コメント

今日お話しさせて頂いた秋本です
これからもよろしくお願いします
2015/ 12/ 21( 月) 10: 03: 45| URL| 秋本# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。