『お互いの力を引き出す!それが子どもたちの成長につながる!』

20158決勝 3人

 堺ビッグボーイズ・2015年アメリカ遠征最終日は各カテゴリーの決勝トーナメントです。
 同行した2年生(U14)の準決勝の試合は前日に続いて大熱戦。
 ものすごいガタイのメキシコ系チームに対して、互角に戦いました。
 1対2の1点ビハインドで迎えた最終回、2アウト・ランナーなしから同点に追いつき、タイブレーク(こちらは0アウト2塁からプレーするそうです)に入った後も、再三のサヨナラのピンチをファインプレー連発でしのぎました。

20158決勝 ベンチ

 午後からのU16の試合も含めて、LAのチームで印象に残っているのは各バッターの徹底した攻撃姿勢です。カウント3ボール0ストライク以外では、ストライクゾーン付近にきたストレート系の投球には必ず強いスイングをしてきます。2年生・3年生で合計7試合行いましたが、強いチームも少しレベルの落ちるチームでも、とにかく見逃しのストライクがほとんどないんです。

 力強く、インサイドアウトのスイングをするので、少しタイミングがずれたものがファールになったり、空振りになったりします。日本のように当てにいく、ゴロを転がしにいくことをしないので、打ち損じがフェアーグラウンドに転がってアウトになることが少なく、ファールか空振りでまた打ち直すことができるんです。追い込まれてもスイングが変わることはほぼありません。三振も内野ゴロも一緒。ならばヒットになる確率が低くなる当てにいくスイングをするよりも、たとえ三振する可能性が高まるとはいえ、力強くスイングをしてヒットを狙ってきます。それを継続することでヒットになる確率が必然的に高まり、勝利に近づいていくんです。実際にそれをベンチで見ていて、野球の試合にもかかわらず、まるで将棋を指している(どんどん詰んでいく)感覚になりました。

 すごいのはお互いそれをわかっていてどんどんストレートをストライクゾーンに投げ込むこと。ビッグの選手も良いバッティングをたくさんしましたが、相手チームのそういった姿勢に、こちらの力をどんどん引き出してもらっている印象でした。そして、お互いが相手の力を引き出しあい、お互いのレベルがどんどん上がっていくことを試合中に実感することができました。日本で同様の取り組み(ストレート系の球に積極的にスイングする)をしたら変化球ばっかり投げられて、お互いの良いところが全然引き出しあえないのではないか・・・、残念ながら現状そう感じてしまします。

 20158決勝 玖珂

 試合はタイブレーク2イニング目も0アウト2・3塁のピンチを、三振とファインプレーで2アウトまでこぎつけました。ここで打席に立ったのも大きな体のバッター。当然のようにフルスイングでとらえた打球はレフトの頭上をはるかに超えるサヨナラヒット!ビッグは残念ながら準決勝敗退になってしまいました。

 野球には必ず勝った負けたがあるけれど、お互いがお互いの力を引き出し合えたことが何よりの財産になったと思います。アメリカだから、ラテンアメリカだからできるのではなく、日本でも取り組み方次第でできることを確信しました。投手はどんどんストレート系の球をストライクゾーンに投げ込む、打者は常にそれを力強く振りにいく(ボールだと思ったと言って見逃さない)、その結果に対して(打たれても打ち損じても)指導者が選手に対してネガティブなことを一切言わない、これを徹底することができれば日本の野球レベルはもっと上がると思います。そして、野球だけでなく人生においても何事も積極的に挑戦できる人へと成長できると思います。

20158決勝 挨拶

 今回、子供たちと一緒に実際にアメリカ・LAの大会に参加させていただき、正に色々なことを肌で感じることができました(やっぱり外で見ているだけと、実際に中に入ってやるのとでは感じ方が全然違います)。このような機会をいただいた皆さんに大いに感謝しながら、今後の活動につなげていきます!
 
20158決勝 集合
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する