『カブスってとても人気あるんですね。』

カブス 一塁

ドミニカへ辿り着くまでの寄り道、初めてシカゴを訪問しました。
目的はただひとつ?メジャーリーグ観戦です。
ちょうど、カブスの本拠地リグレーフィールドで、同じくシカゴを本拠地とするホワイトソックスとインターリーグです。

カブス 外

100年以上の歴史を持つ球場に大勢の人が詰めかけ、ひたすら楽しんでいます。天然芝が輝き、蔦が外野フェンスを覆う素敵な球場、この雰囲気はやっぱり言葉ではなんとも伝えられないですね。ぜひ、アメリカにお立ち寄りの際はリグレーフィールドへ!

カブス3塁

試合はホワイトソックスのキンタナ投手(なんとコロンビア人!)とカブスのアリエッタ投手の引き締まった投手戦。昨年末、彼の地元を訪問して親しくなったカブスのペドロ・ストロップ投手もブルペンで準備を始めたもののアリエッタ投手が好投しすぎて(しかも球数少なくて)完投してしまいました。100球前後で交代するメジャーでは完投する試合を見ることも珍しいことです。
カブスは100年以上もワールドチャンピオンから遠ざかっている言わば弱小球団。にもかかわらず、大勢のファンが暖かくチームを見守っているような雰囲気で、そこでプレーする選手も心底楽しそうでした。
今年は珍しく?前半戦好調だったカブス、100年ぶりのワールドチャンピオンなるか?

カブス 外野
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する