『関西の若手指導者で日本の野球革命を!?』

2015 セミナー1 自己紹介

 NPO法人BBフューチャーが主催する『指導力向上セミナー』、2015年度の第1回目を昨日実施しました(1年間で全6回のコースです)。35歳以下の若手指導者や指導者を目指す方々、約20名が集合です。

 初めてお会いする方、これまであまり話したことがなかった方もたくさんご参加いただき、フレッシュなセミナーとなりました。

2015 セミナー1 グループ

 第1回目のテーマは、『日本野球の良いところ・改善すべきところ』!
 グループワークで様々な意見を出していただいた後に、本セミナーのナビゲーター・阪長より、『選手育成』という切り口で、多くのメジャーリーガーを輩出するラテンアメリカ(特にドミニカ共和国)と日本の野球指導法の違いについてご紹介。その後、その『選手育成』に重きを置いて実践している堺ビッグボーイズの取り組み紹介も行いました。

 『指導者が良かれと思ってやっていることで、実は選手たちの成長を妨げていることがたくさんある・・・。』
まずは、指導者自身の固定概念(これまでの常識)をぶち壊すところから始めないといけないのかもしれませんね。

 若手だけの集まりということでプレッシャーが少ないのか(笑)?、質疑応答時間もどんどん質問の手が上がり、みなさん積極的にご参加いただきました。1時間半があっという間に感じたのも、そんなみなさんの姿勢があったからこそだと思います。

2015 セミナー1 議題

 時代はどんどん移り変わります。社会も変化しています。その中で野球だけが昔の指導方法のままで良いんでしょうか?指導者が過去の経験だけで選手たちに指導して良いんでしょうか?

 『子どもたちの未来のために』、変わらなければならないのは、『おれはわかっている、できている。』と思っているその人自身なのかもしれませんね(自分も含めて、気をつけねば・・・?)。

 あと数名であれば2回目からもご参加可能ですので、お早めにお問い合わせください。
 2回目のテーマは・・・、まだ内緒です♡
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する