『彼らに結果を求めるのはいつ??』

MTG 20154

 堺ビッグボーイズに52名の1年生が入部してくれました。3学年合わせて112名の選手たち、そこにかかわる保護者(家族)・指導者・関係者の方々、本当に大きなファミリーだなと思います。
体の大きい子、小さい子、いっちょやったるぞ~という顔をしている子、楽しく野球ができたらいいな~という子、もちろん目的も様々ですし、それでいいのだと思います。

 新年度を迎え、日本全国色々なところで新たな出会いとスタートがあると思います。
 そこで今一度みんなで考えていきたいのは、選手たちにとって何のために自分は(指導者として)存在しているのかということです。

 例えば、中学1年生であれば彼らはまだ12歳です。
 野球選手としても、1人の社会人としても、結果を出すのは30歳になる18年後からで十分なんです。高校1年生であれば15年後ですね。

 彼らの18年後のために、今するべきこと、今するべきではないことを、常に考えながら指導にあたらなければならないと思います。2~3年の間に結果を残そうとして、技術を詰め込んだり、過度な練習で体に負担をかけたり、中学生の間の勝利を最優先に考えてやると、実は彼らの18年後のためにならないことがたくさんあります。

ノックゲーム 20154

 この時期はまだまだ『野球が楽しい!好き!』という心を育むこと、自ら挑戦し失敗と成功を繰り返す環境を作ること、野球以外も様々なことに興味を持つことが大切だなと思います。

ドッチ 20154


 まだまだ集中力がない(10分同じことしたら遊びだす)、思ったようにプレーできない、そんなの全然OK!指導者(大人)が彼らに短期的結果さえ求めなければ、彼らも安心して大好きな野球ができるのだと思います。

 日本全国でこのようなチームが増えることを心から願っています!
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する