『変わらぬ人々・空気・時間』

カンテル市景色

 グアテマラに再赴任し、早くも2週間がたとうとしています。
 この間、新たな出会いもありましたが、やはり昨年まで3年間暮らしたグアテマラ、どちらかというと再会・再会・再会の連続です。
 変わらぬ笑顔で、『トモー!!』、『セニョール、サカナ~ガ!!』と再会を喜んでくれる彼らに、自分の気持ちもふっとタイムスリップします。

 今回の任務地は首都から車で3時間、グアテマラでは首都に続き2番目に大きな町となるケツァルテナンゴ県ケツァルテナンゴ市の隣町カンテル市です。日本に例えると、自身が暮らしている大阪府大阪市(東京に次いで2番目の街)の隣の堺市といった感じでしょうか?

 しかし、そんなさほど大きな町から遠くないこのカンテル市でも、首都とは全く違った価値観で人々は暮らしています。まず、混血の人々(メスチソ)や白人が多く暮らす首都とは違い、カンテルは住民の大半が先住民族(インディヘナ)でそもそも人種が違います。

セメンテリオ小学校

 民族衣装をまとった人々が街を行き交い、現地の人々はスペイン語よりもキチェ語話していたり、ヤギ飼いのおじさんがその場でおっぱいを絞ってミルクを売っていたり・・・。大金持ちもいないし、ちゃんとしたレストランすら1軒もないけれども、人々は穏やかに暮らしています。

ヤギの乳搾り

 相変わらず教育もまだまだで、小学生が解くはずの算数の問題を自身が解けない小学校の先生がたくさんいるのも現状ですし、7年前の選挙後にこれまでの不正を覆い隠すために庁舎ごと燃やされた市役所がやっと再建されたものの、今年末の選挙で現役市長が敗れればまた燃やされるのではないかという不安定な政治も日本では考えられないレベルです。しかもこれらが、この市に限ったことではなく首都を一歩出ればほぼグアテマラ全土の現状であることも日本では考えられないことでしょう。

先生ら


 ただ、我々にとっては意外かもしれませんが、そこにあるのは変わらぬ人々の笑顔と、穏やかな空気と、ゆっくり流れる時間です。国の幸福度を計る『地球幸福度指数』では、143か国中75位の日本よりはるかに上位の4位がグアテマラです。

 人間にとっての真の幸福とは何か?日本人が必死に追い求めているものとは一体なんなのか?今しばしケツァルテナンゴ県カンテル市で先住民族の方々から人生のお勉強をさせていただきます。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する