ウィンターリーグ(ドミニカ共和国プロリーグ)再開!!

エスコヒード リセイ 2014
 
 ドミニカ共和国をはじめベネズエラ・プエルトリコ・メキシコなど、ラテンアメリカ諸国では主に10月~1月の間に各国でプロリーグの試合が行われます。(キューバは4月頃まで)
 この時期は、アメリカの冬季の期間で選手たちのオフに重なるため、多くのメジャーやマイナーの選手が母国に帰ってプロリーグに出場します。

 その中でも一番盛り上がるのがドミニカ共和国のウィンターリーグで、現役バリバリのメジャーリーガーはもちろん、マニー・ラミレス(MLB通算555本塁打)など懐かしい名選手もいまだに出場しています。

 現在は開幕から2か月間行われる6チーム総当たりのリーグ戦が終了し、上位4チームのリーグ戦がスタートするところで、今年は毎年優勝争いの首都を本拠地とする2チームが早くも敗退してしまいました。(トップ写真のリセイとエスコヒードが敗退。)

 ならば地方まで見に行くしかない!
 首都から車で1時間半、あのロビンソン・カノーの出身地でもあるサンペドロ・デ・マコリスの球場へ。

エストレージャス 1227 1

エストレージャス 1227 2

 5日間のクリスマス休暇が終わり、久しぶりの試合となったためスタジアムは超満員♪
 試合は前半0-0の投手戦。後半戦の初戦のため、お互いエースが登板、打撃陣も試合勘が戻らないのかなかなか点数が入りません。

 ちょっと重たい空気が流れ始めた、4回表終了時の攻守交代。
 いつものように軽快な音楽が流れ始め、ムチムチのチアリーダーが踊り出す♪が、これまた練習不足で全然揃ってない(笑)。そんな時に観客が、『おい、ハポン(日本)、チーノ(中国人)!』と後ろからヤジを飛ばしてくる。しゃあないな~。ひと肌脱ぐか・・・。

 おもむろに立ち上がって、流れているメレンゲに合わせて踊り出す自分♪
 立ち上がって歓声を上げて大喜びしてくれるドミニカ人、満員の観客席大盛り上がり♪
 前方で見ていた日本からの研修生は途中で騒ぎに気づいて、またまた口をあんぐり(笑)。
 
 その後、地元チームが得点を上げて試合が決まりかけたため、7回終了時に帰ろうとすると、観客のみんながスタンディング・オベーションと『まだ帰るな!おれたちと最後まで一緒にいてくれ♪』の大合唱。

 野球の国の野球。
 人と人の間に壁を作らない国民。
 この国の人々の温かさは本当に底なしです♪

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する