日本のスタンダードになることを願って

CSアワード2014

先日挑戦した、CB・CSOアワード2014。近畿で活動するNPOで地域に密着し社会に貢献する団体に送られる賞です。

10月に送付した書類審査は無事通過し、最終審査は約200人を前にプレゼンテーション!正直、けっこう緊張しました。今回スポーツの団体は我々のみでした。

ここまで来たら!と、大賞を目指しましたが、結果は2番手の優秀賞。それでも多くの方々に我々の考え方や現在の活動を紹介できたことが何より今後の財産になるかなと思います。

7分間のプレゼンでは堺ビッグボーイズの指導方針を漫才風にご紹介。
三振したバッターに「なんでこんな球も打てへんねや!」と激怒するコーチに対し、「でも、三振したいと思って打席に立っている子供なんてこの世に一人もいないですよね?」と客席に問いかけ、「こら〜!お前ら元気ないぞ!元気ださんかい!」と怒鳴る指導者に対して「元気って出せと言われて無理に出すもんじゃなくて、楽しかったら自然と出てくるものちゃうんかな〜。」と訴えました。

「なぜ、指導者がこのような言動を取るのか。その一つの要因として常に目先の勝ちを求めるからではないかと我々は感じています。我々は目先の勝利ではなく、将来大人になった時に活躍するために、中学生の間に何を取り組むべきかということにこだわった指導をしています。この時期に大切なことは勝っても負けても、また翌日笑顔で野球をしたいとやってきてくれることです。」と。

冗談抜きに会場からはこの日一番の拍手をいただけたんじゃないかなと思います。審査員の先生方も「素晴らしい!」と思わず叫んでおられました(笑)。

残念ながら、日本の野球界・スポーツ界・教育界でこのような取り組み方はまだまだマイナーなんだと思います。でも、例えば野球界でいうとアメリカやドミニカ共和国ではこのような取り組みをしてやっと最低ラインです。そこからさらにどう深めていくか、発展させていくか、新たなものを創り出していくかが本当の勝負なんだと思います。

今回、優秀賞をいただいたことに甘えず、さらに先へ先へ挑戦していきたいと思います。

最後にこのような素晴らしい機会をいただいた関係者のみなさんに、感謝の気持ちここに表します。ありがとうございました!引き続きガンガンいきます!?  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する