『システムの違いによる、結果の違い』

 皆さま、こんにちは!
 そして、メリークリスマス!
 私は今年も12月をドミニカ共和国で過ごしております。

181226 1
 
 毎回、多少の変化はあるものの、相変わらずこの国の人々は野球に熱狂し、そして選手を育成し続けています。
 カードにもよりますが、ウィンターリーグにはたくさんの観客が詰めかけ、ハンリー・ラミレスやフェルナンド・ロッドニーのような大物メジャーリーガーも出場し、熱戦が繰り広げられています。

181226 2

181226 5

 街中に目を移せば、夏のシーズンをマイナーで過ごし、翌年以降のメジャー昇格を目指す若手選手や、まずはマイナー契約を勝ち取ろうとするもっと若い世代の選手たちが、日々練習に励んでいます。そして、そこには選手たちの未来を見据えて指導にあたる指導者の姿もあります。

181226 7

 数えてみれば、今年メジャーでプレーした(メジャー登録された)ドミニカ共和国出身の選手の数は134名。去年より若干少なくなりましたが、それでも人口1000万人の島国から驚異的な輩出数です。ちなみに日本は8名でした。

 もちろん、日本人は能力がないとか、可能性がないとか、そういうことを言いたいのではありません。むしろ、日本人にももっともっと可能性がありますし、努力も十分していると思います。

 ただ、その努力の方向性が全体のシステムの違いによって違うだけなのだと思います。
 日本で進む子供たちの野球離れ、指導者の行き過ぎた指導の問題、選手の特に投手の酷使の問題、トーナメント制が主体による勝利至上主義の問題・・・、大げさではなく、すべての解決のヒントがドミニカ共和国の中にあるのではないかと感じています。

181226 3
 
 この冬は大変多くの方にお越しいただき、約20名の方に日本からお越しいただいています。
 今日の夜には今年の最終グループの到着です。
 時間と費用をかけて来て下さる方々にとって実り多き滞在となることを願って、私自身も住した学びを引き続きドミニカ共和国で継続することができればと思っています!

181226 4

 下記、書籍も引き続きよろしくお願いします!

0722 book

 アマゾンでのお買い求めはこちらから↓↓↓
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4809415945/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4809415945&linkCode=as2&tag=misa0718-22&linkId=e8fc980b1b5673f67b9d65dc3a998636  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する