『何度でも言います!野球はリーグ戦で行うスポーツです!』

 みなさま、こんにちは。
 秋らしい気候になってきました。朝晩過ごしやすく、頭も体もスッキリでしょうか?
 野球も(特に高校野球は)夏がメインでなくて、秋がメインの方が選手のコンディションのためにも良いのではと思わずにいられません。

180919 1

 さて、このブログでも何度か書いてきましたが、日本の野球が世界の野球からかけ離れている一つの要因にトーナメント中心の大会というものがあると思います。
 この夏は、秋田の高校の投手の投球過多もあり、勝利至上主義は良くない、という意見もありました。もちろん良くないのですが、勝たなければ次がないトーナメントの大会を用意しておいて、勝利至上主義は良くないというのは、本末転倒です。
 メジャーリーグをみても、例えばナショナルリーグは現時点で、勝率6割以上のチームは15球団で1つもなく、つまり3勝2敗ペース以上のチームは存在していません。勝率.571以上、4勝3敗以上の成績のチームも15球団中、シカゴカブスの1球団のみ。これだけ勝った負けたを繰り返しながら優勝を争うスポーツは他には存在しないのではないかと思います。

180919 4

 我々の現場もできるところから変えなくては(言うだけでなく行動!)!との思いから、NPO法人BBフューチャーが主催する3か月にわたるリーグ戦主体のフューチャーズリーグを開催し、現在5年目のシーズンを迎えています。

180919 3

 そして、我々、堺ビッグボーイズが加盟するボーイズリーグの阪南支部も春・夏・秋、すべての支部予選(全国大会や関西秋季大会につながる公式戦)で予選リーグを実施していただき、グループリーグ2位でも通過可能なシステムを採用していただくことで、一度負けたチームでも本大会出場が可能な大会へと変わりました。
 先日、取材いただいた菊地さんの記事が下記にありますので、ぜひご覧ください。
 https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180918-00097319/

 先週末はちょうど秋の関西秋季大会の阪南支部予選(予選リーグ)が3連休で開催され、堺ビッグボーイズは1試合目を11-1のコールド勝ち、2試合目は残念ながら2-3で敗戦となりましたが、全リーグの2位チームの中で最も成績が良かったため、決勝トーナメント進出を決めました。

180919 2

 人生も正にそうですが、大事なことはうまくいかなかった後に、どうチャレンジするか?です。決して勝ち続ける人生などありません。野球と教育をつなぐのであれば、負けたら最後のトーナメント戦ではなく、負けてもまた次にチャンスがあるリーグ戦を主体にすべきだと思います。

 勝率.571で優勝できる可能性のある野球というスポーツの面白さをどう日本社会の中で伝えていけるか。皆さんの現場でも変われるところから変わっていきましょう!!

180919 5
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する