スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『この夏もドミニカ共和国へ多くの方にお越しいただいています!』

180730 mets

 7月21日にドミニカ共和国へ到着し、10日ほどが経とうとしています。
 この間に、6名の日本人の方にここまでお越しいただきました。
 
 この冬にもお越しいただいた日本でも名だたる整形外科のお医者さんと、小学5年生の息子さん、医療機器メーカー勤務の方、日本の独立リーグ関係者の方、アメリカで少年野球を指導されている方、そして、日本の大手新聞記者の方にお越しいただきました。来週からも多くの方が引き続き到着されます。

1807230 san diego game

 夏はMLB全30球団のアカデミーが実施するドミニカンサマーリーグの観戦もでき、小学生から高校年代までの選手育成・指導の様子を全て見ることができます。
 ドミニカンサマーリーグでは、16歳以上のラテンアメリカ出身(ドミニカ共和国だけでなく、ベネズエラ、コロンビア、メキシコ、パナマ、ニカラグア、キュラソー島など)の選手が各球団とそれぞれマイナー契約を結び、各球団1チームないし2チームの編成で各チーム72試合のリーグ戦を行います。それぞれ40名ほどの編成(ロースターは35名)と考えても、40名×40チームほどで約1600名の優秀な16~18歳のラテンアメリカ出身選手による試合を毎日見ることができます。

180730 jb

 子供たちのプレースタイルは、小学生からとにかくアグレッシブ。どの年代も指導者は彼らが経験をたくさん積むこと、前向きにプレーする環境を作ることを重視し、彼らが過度なプレッシャーにさらされないよう、大会方式や日々の指導のあり方も考えられています。

180730 LAD game

 とにかく先で活躍できるように、ということが最優先され、投手の投球数の管理も高校年代でも徹底されています。例えば、ドジャースのアカデミーでは、17・18歳の投手たちに対して、シーズン半ばを過ぎても誰一人まだ60球を超える投球をさせておらず、リリーフ投手も2連投を1人もさせていません。技術的にも同様で、バットは13歳ころから試合も含めて木製のみ。高校生年代の木製バットを持った力強いスイングは圧巻です。

180730 bau

 『まだまだ若い17・18歳の彼らには、目の前の勝利よりも、成長するということが何より大切だ。そのために、すべての選手が参加し、出場機会を得続けることが大切だと思う。80名の選手たちに多くの経験を積んでもらうために、我々は2チーム編成で合計144試合を3か月で行う。もちろん、投手はローテーションで球数の管理も徹底する。彼らに技術的なアプローチをするのも、それぞれの選手の特徴をまずつかまなくては指導者として失格だ。まず、選手のことを良く知ること。ある選手は早くものごとを吸収し、ある選手は時間をかけながら吸収する。それをよくわかった上で、その選手へどう近づいていくのがベストかを考え、彼らが一番吸収しやすいタイミングで声掛けをしていく。』と、日本の記者の方に応えてくれたのはドジャースのコーチであるアントニオ・バウティスタさん。
 『ここのコーチたちは、とにかく試合に集中させてくれる。プレー中は次のプレーに常に集中し、自分は1球1球自分のスイングを心がけるのみ、結果が出なかったとしても、そのページをめくって、次のページに向かうんだ。コーチたちは選手たちをよく見てくれていて、修正したほうが良い部分があれば、試合後や次の練習の時にいつも冷静にそして明るく僕たちに指導してくれる。』と選手もコーチに信頼を寄せる。

180730 umi

 MLB球団のアカデミーには綺麗な天然芝のグラウンドが何面か用意されており、バランスのとれた食事も食べたいだけ食べられる、英語の授業に加えて、高校卒業の資格が取れるように、地元の高校の先生がアカデミーにきて授業をしてくれる。そして、彼らの将来の活躍を願って日々サポートしてくれるコーチたちがいる。観客もいないし、テレビ中継も新聞報道もない。
『この国に、甲子園大会は必要ですか?』と問えば、訪問した多くの日本人が『いらない』と答える。
 これからの日本の野球に何が必要で何が必要ではないか。共に考えて行動に移しましょう!!

180730 minna

180730 SD tatemono

180730 LAD club
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。