【養殖の魚の育て方はドミニカ共和国にはありません!】

 ドミニカ共和国の野球指導の考え方を日本の方々にも伝えたい!と思い活動を開始し4年目を迎えています。お陰様で多くの方々に興味を持っていただき、これまでに数え切れないほどたくさんの方々に全国各地で開催するセミナーにお越しいただき、中には実際にドミニカ共和国までお越しくださる方も延べ50名を数えるようになりました。

0804 elpdio2

0804 bau

 ドミニカ共和国の野球、WBCでも優勝!メジャーリーガーもたくさん輩出している!きっと自分たちの指導にも役立つ練習方法があるはずだ!と興味を持って下さる指導者の方もたくさんいらっしゃいますが、その前に野球指導ということにおいて育成の考え方、指導の目指すところが全く異なります。

 日本では、すぐに結果を出せる指導者が素晴らしいとされます。小学生も、中学生も、高校生も、大学でも、プロでも、今この目の前で勝っている指導者が優秀とされるため、すぐにうまくなる練習方法はないかと考えます。でも、実はドミニカ共和国にこのような練習方法は存在しません。なぜなら、彼らは目の前の結果には全くと言っていいほど重きを置いておらず、25歳以上からあのメジャーリーグという大舞台で活躍できるように育成をしているからです。

0805 BJ

 言い換えれば、表現はよくないかもしれませんが、日本では養殖の魚をうまく育てられる人(指導者)が評価され、15歳や18歳(場合によっては12歳)までに早く大きく育てられたかが評価の対象となります。その後、その選手らが大海原でどうなったかは評価の対象にはあまりなりません(メジャーリーガーを育てるより、甲子園で勝つ指導者の方が全国的にも有名になってしまいます)。

 一方で、ドミニカ共和国の指導者の評価は、その選手が25歳以上になり大海原(マイナーリーグからメジャーリーグにかけて)でどう活躍したかです。残念ながら枠にはめられ、指示をたくさんうけ、餌を与えられ続けた養殖の魚ではこのメジャーリーグという厳しい大海原で生きていき続けることは容易ではありません。彼らがその生き抜く方法を学び、自らの力で進んで行けるよう、指導者は日々観察力を研ぎ澄ませ、忍耐力を失わずに、彼らを導いていきます。

 では、どうやったら、天然の魚を育てられるのか?と考えてしまいますが、実はその方法はこの世にありません。天然の魚は天然であり、もしあなたがその天然の魚をより良い方向に導きたいのであれば、養殖業者ではなく、あなたも天然の魚となり、後輩の天然魚をより良い方向に導いていくしか方法はないのだと思います。そのためには、先輩天然魚である自分自身がチャレンジを続けて、その姿を見せていくしか方法はないのかもしれません。

0804 PR2

 先生と呼ばれる職業はいくつかありますが、これは日本の中では高貴な職業だと思います。字の通り、先に生きて、彼らに示して導く、そして見守る。高貴な職業だからこそ、絶対に養殖をしてはいけません、ましてや目の前にいるのは生身の人間ですので!!そういった意味では、自身はまだまだ先生と呼ばれる職業には近づけないなと、大いに反省しつつですが・・・。

 決して、養殖業者の方を否定したいわけではなく、スポーツにおける育成・教育の考え方を伝える表現として使用している旨、ご理解いただけましたら幸いです。

 勝つための練習、すぐに結果を出すための練習、ではなく、根本的な野球指導のあり方、教育のあり方を、日本の皆様とも引き続き考えていくことができればと願っています。ドミニカ共和国の野球指導法や堺ビッグボーイズの取り組みが、その一助になれば幸いです。
 

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/ 03/ 11( 日) 09: 09: 16| | # [ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する