【ドミニカ共和国を訪れる日本の方々に現地の方々も最大限のリスペクト】

1801224

 前々回のブログでもご紹介した通り、この1月には日本の医療関係者もドミニカ共和国へお越しくださいました。ドミニカ共和国でも肘の検診を何日もかけて炎天下の中で行い、中には牛と共に崖を下って、川を渡って、現場まで向かったケースもありました。そんな方々に現地の方々も最大限の敬意を示してくださります。

1801223

 どこへ行っても、『ドミニカ共和国まで来てくださって、我々のところを選んで下さってありがとう!我々は家族として皆さんを迎えたいと思います。』と言葉をかけられ、ドミニカ共和国のプロリーグ(ウィンターリーグ)で連敗中であったエスコヒード球団(筒香選手が2年前にプレーした球団です)では、チーム状況が悪いにもかかわらず、試合前に監督自ら挨拶に来てくれて、『ようこそお越しくださいました。ここを皆さんの家だと思って過ごしてほしい。』と最大限の敬意を示してくださりました。

1801225

 特に、最終日に面会していただいたLAドジャース・アカデミーで25年以上コーチを務めるアントニオ・バウティスタ氏からの先生方に対する言葉が印象に残りました。今回の視察の目的、日本での活動を伝えると、アントニオが話し始めます。
「まず、日本という国からドミニカ共和国という遠いところまでわざわざお越しいただいたことに何より感謝します。私は指導者という立場では25年以上も務めているため(ご自身では話されませんが、これまでに数え切れないほどのメジャーリーガーを輩出されています)何かお伝えできることは少しあるかもしれません。でも、皆さんはすでに『人としての素晴らしい心』をお持ちですので、皆さんから私が学ぶべきなのだと思います。なぜ、そのような心をお持ちだと思うか、それは皆さんが自身の仕事と真逆のことをされているからです。皆さんは医師ですので、いくら子供たちが投げすぎて肘を痛めて診てほしい、手術をしてほしいと言われても、何の問題もないばかりではなく、医師としてはそちらの方がお金儲けにもなるわけです。たくさん投げさせる指導者、そのようになってしまう大会システムで開催する主催者にどんどんやらせておけばいいのです。でも、皆さんはそうではない、肘を痛めて辛い思いをする子供たちを診て、やむなく手術をしなくてはならない選手たちを診て、自身のお金儲けや名誉のためではなく、子供たちや選手たちのことを思って、自身の仕事が減る方向に向かって活動されている。そしてさらにはこのような遠いドミニカ共和国まで来て、さらに学ぼうとされている。そのような方々はみなさん素晴らしい心を持っておられる、それは私のこれまでの経験からもわかります。今回のみなさんの滞在が、日本の野球発展に寄与することを私も願っています。」と。

180122 1

 その時、いつもお世話になっている先生(視覚情報センターの田村先生です!)から、ある言葉を聞いたことを思い出しました。自身の行っている仕事がなくなる方向に向かって仕事をする時、それは『真実』に近づくのだと。

 医師であるにも関わらず、患者が減り、医師が必要ではなくなる方向に活動する、一瞬矛盾しているようで、これが真実に近づくのだと思います。では、指導者は?指導しなくても子供たちが自身で考える能力を身につけ、いずれ指導者が必要でなくなる方向に指導する。教師は?親は?先輩は?マスコミ関係者は?旅行会社は?公務員は?総理大臣は?道理は全て一緒なのかもしれません。ああしろ、こうしろ、と指示している間はいつまでたっても、自身で考えて自立していく力は身につかず、いつまでもその職業は存在し続けるのかもしれません。そしてそれは真実には近づかないのかも。

1801222

 自身の立場、名誉と真逆に向かって活動される医師の方々、その方々に最大限の敬意を示すドミニカ共和国の方々から、自分自身もまた新たな学びを得ることができたような気がします。日本に戻ってもこのような想いを持ち続けて活動です。

 【ドミニカ共和国での学び2018、最終編に続きます】

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する