スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『筒香嘉智選手によるアグレシーボ体験会2018を開催!』

18011810

 皆さま、こんにちは。
 1月11日に日本へ戻り、日本での活動を再開しています。
 早速、1月14日(日)は、堺ビッグボーイズOBであり、堺ビッグボーイズ小学部《チーム・アグレシーボ》のスーパーバイザーも務める横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手による『アグレシーボ体験会』を大阪府堺市で開催しました。

 多数の応募の中から選ばれた4~6歳の幼児38名と小学校低学年35名(野球未経験・チームに所属していない子供たちのみ対象)の合計73名が参加してくれましたが、中にはご父兄から離れるだけで泣き出してしまう幼児たちもいて、涙あり、笑いありの体験会になりました。

1801186

 各メディアでも取り上げられていますが、体験会終了後の取材で、これからの日本野球のあるべき姿についてマスコミの方々に話し始めた筒香選手。現役選手でありながら、日本の野球の未来、日本の子供たちの未来に強い危機感を感じているからに他ならないと思います。

 常々、彼も話していますが、野球人口が減っているから単に野球をやる子供たちを増やす活動をすれば良いというものではありません。なぜ、減っているのかをもっと掘り下げて考え、行動に移していかなければならないと思います。

1801189

 今の指導、もしくは、日本の野球のシステム自体が本当に、子供たちのためになっているのか?なっていない部分があるのであれば、勇気を出して変化を起こさなければならないのではないか?

 本来、子供たちが大きく成長していくため、失敗を恐れずチャレンジしていくための野球、つまり子供たちの未来が主体の野球であるにも関わらず、小さいころから勝つための『勝利至上主義(目の前の結果主義)』が蔓延し、いつの間にか子供たちは大人の顔色を伺って思い切ったプレーができていないように感じます。そして、それが高校まで(大学まで?)続きます。なぜ、そのような指導になってしまうのか、それは日本の野球特有のトーナメント方式による大会が大いに影響しているように感じます。プロでも優勝チームが143試合中、50試合も60試合も負けることができるにも関わらず、小学生から高校生までは常に負けられないトーナメントで大会に参加しなければならない、勝たなければ次がないため、指導者も力むし、エース投手は酷使されるし、1つのミスが命取りになるからと細かい練習もたくさんしなくてはならなくなるし・・・。その一方で、大きな選手を育てる、失敗してもまたチャレンジを繰り返すといった、将来子供たちが選手としても、社会人としても必要なスキルが育ちにくい環境になってしまっているのではないかと感じています。

1801187

 このような話をすると必ず、「でも日本にはこれまでの歴史もあるし、それが文化になっているから・・・」、と話される方も多くいらっしゃいます。でも、それが本当に子供たちのためになっていないんなら、変えるしかないんです。もちろん、何事もすぐには変わりません。でも、変えるための努力を続け、変われるところから変わっていくしかないんだと思います。そして、その中で一番簡単なことは自分自身がまず変わること、変えられないと思っている自分を変える、そして変わった自分が変えられると信じて行動を続ける。一人一人がそうやって変わっていくのが一番の近道のように感じます。

1801188

 自身への批判を顧みず、子供たちの未来のために想いを語ってくれた筒香選手。我々の使命もまたより大きなものになっているようにも感じます。
 今日も明日もより良い野球界、そして日本の未来のために、改めて変化を起こしていきたいと自身も感じた体験会になりました。
 Siempre Agresivo!! 常に積極的に!!今日も行動・発信あるのみ!!

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。