『WBCに向けて、主力が続々ウィンターリーグに出場!』

161230 Aguilas

 ドミニカ共和国のウィンターリーグは、12月27日から上位4チームでの準決勝ラウンド(各チーム総当たりで18試合、上位2チームが決勝シリーズへ)が始まっています。
 今年はWBC開催年ということもあって、続々とスーパースターも出場、ハンリー・ラミレス(レッドソックス、2016年は30本塁打111打点)、ロビンソン・カノー(マリナーズ、同39本塁打103打点)、フェルナンド・ロッドニー(Dバックス、メジャー通算261セーブ)らはレギュラーシーズンから出場し、この後、ネルソン・クルース(マリナーズ、同43本塁打・105打点)、エリック・アイバー(タイガース)、グレゴル・ポランコ(パイレーツ)なども出場予定で、ウィンターリーグもさらに盛り上がりそうです。
 日本も壮行試合などを行いますが、ウィンターリーグと呼ばれる各国の公式戦で何試合も実践を行えるラテンアメリカ諸国は観客もリーグ関係者も喜ぶし一石三鳥くらいでしょうか。

161230 ramirez

161230 Cano

 2013年の決勝はドミニカ共和国対プエルトリコ、カリブに浮かぶ両チームが対戦し、3対0でドミニカ共和国が勝利しましたが、試合終了後に敗戦チームのプエルトリコの主力、ジャディエル・モリーナ(カージナルス)やアンヘル・パガン(ジャイアンツ)らが、自チームの選手全員を呼び出して、ドミニカ共和国の指導者・選手たちを祝福し、ハグを交わしていたことがとても印象的でした。ドミニカ共和国の選手たちもプエルトリコの選手たちが出てきてくれたことにすぐ気づいて、自分たちから彼らのところに近づいていきました。果たして、例えば、日本が韓国に決勝で負けたとして同じことができるだろうか・・・と、正直思ってしまったことをついこの前のように思い出します。勝利に向かって全力を出し切る、結果は結果として受け止めて、敗者は勝者を称える。勝者も全力を出し切った相手チームを称える。それこそがスポーツの良いところであるにも関わらず、自分たちのことだけを考えて、勝とうが負けようがその結果に一喜一憂しすぎるのはやはり考えないといけないなとその時の彼らの姿勢を見て思いました。

https://www.youtube.com/watch?v=tcD1n4R30Hg 
 よろしければ、上記のビデオ2時間52分(172分)あたりをご参照下さい。


 WBC出場予定のプエルトリコ出身のカルロス・ベルトラン(アストロズ・通算本塁打421本のベテランです)が先日ドミニカ共和国のラジオに応えていて、彼のコメントを聞いていても何か我々の感覚と違う印象を受けました。
 まず、アナウンサーも結果に関する質問(勝ちたいか、優勝できるのかなど)は一切しません。もちろん、勝たなければならないという意味のコメントもしません。ベルトランは、自分が自身の島を代表して大会に出られることを誇りに思っていること、たくさんの仲間と一緒に野球ができることを楽しみにしていることを話していました。そして、最後に彼は、『ドミニカ共和国とプエルトリコはライバルではあるけれども、同時にカリブを代表する仲間だと思っている。前回のようにカリブの野球というものを世界に伝えることができれば、これほどうれしいことはないよ。』と話していました。
 
 WBCに向けて、日本の報道もこれから徐々に騒がしくなってくるでしょうか?
 世界一になるために~!勝たなければならない~!というコメントも多く聞くことになるでしょうか?
 試合はもちろん勝つためにやるし、全力を尽くすものであることは当然です。
 ただ、選手たちが最大限の力を発揮できるように、そのためには彼らが仲間と共に試合ができること自体を楽しんで、最大限アグレッシブにプレーできるように、マスコミも国民も彼らを暖かく見守る必要があるのかもしれません。
 ベルトランのように、自分たちが勝つことだけではなく、アジア全体の野球、世界全体の野球の発展のために、日本の野球界は何ができるのかと考えた時に、日本の最大の力が出せるのかもしれないなと感じています。

161230 Roddny
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する