偶然の再会

スリランカ U18 練習

 バンコク足踏みトランジット最終日、たまたまU18のアジア大会がタイで開催されており、タイの野球関係者のみならず、スリランカチームとも再会できました。

 2007年に台湾で開催された同じU18の大会にスリランカチームのコーチとして参加させてもらった日々がよみがえります。(その時の様子は過去のブログにて http://sakana0526.seesaa.net/category/3729942-1.html )


スリランカ U18 メンバー

 残念ながら、大会前日に自分は帰国となりましたが、前日練習に訪れると懐かしいメンバーがすごく驚いて喜んでくれました。

 そして練習を見てびっくり。7年前と比べてめちゃくちゃ上手になっています。聞くと、高校生の年代での野球チームは国内で19チームにまで増えたそうです。この10年くらいでとてつもなくチーム数が増えているのではないでしょうか。

 まだ野球道具を売っている店は国内にないらしく、引き続き日本などからもらった道具を大切に使っています。

 いくら上手になっても、ファールボールが飛んだら一目散にボールを探しに行き、練習終了後はボールの数を何度も数えてチェックする彼ら・・・、練習終了後に選手たちに話してあげてくれと言われましたが、そんな素敵な彼らに特に何もありません。

 『結果は気にせず、思いっきり投げて打って走って、野球を楽しんでね!イワライ(以上)!!』


タイ ヌンとトン

 その後、懐かしいタイの選手たちともバッタリ再会できました。

 帰国翌日からU18アジア大会開幕。後ろ髪をひかれる思いで(?)帰国しました。

 世の中にはいろんな環境で野球をする子供たちがいます。例え同じアジアでも、野球道具が買えない国もまだまだあるんですね。もちろん勝利のために精一杯戦うのですが、それぞれがそれぞれの環境の中でベストを尽くす、野球を楽しむ、これこそが最も大切なことなのかなと改めて思います。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する