『今日の勝利よりも、子供の未来を!』

160821 back

160821 1shiai

 堺ビッグボーイズ・備前ボーイズ・旭川道北ボーイズのLA遠征もいよいよ終盤。
 本日からは、全10チームが参加する大会に参加しています。
 23名の日本からのメンバーに、LA在住の日本人・日系人の選手たちがプレーするチーム・グランドスラムさんから7名の助っ人を加え、合計30名を2チームに分かれれて予選リーグを戦いました。
 対戦する相手はみな体の大きな外国人チームばかりです。
 投げる球も速いし、スイングスピードも速い、パッと見た感じ『やはり、体格が違うな~』と思ってしまいます。
 しかし、実際に対戦してみると、それ以上に彼らのプレーに対する積極的な姿勢に驚かされます。
 投手は初球からどんどんストライクゾーンにストレート系を投げ込んできます。まさに、全球が打てるものなら打ってみろ!という感じ、打者はストライクゾーンの投球にはほぼ全てフルスイング!
 日本の子供たちも彼らのそういった姿勢に引っ張られて、日本にいる時より思い切ってスイングして、思い切って投げ込むことができていたのではないかなと思います。もちろん、試合はどちらかが勝ってどちらかが負けるのですが、こういったお互いの姿勢を出し合える試合を続けていればお互いの力がどんどん上がっていき、地域・国全体のレベルアップにもつながっていく、今日の勝った負けたではなく、それこそが今の日本の野球界・スポーツ界に必要なことなのではないかなと試合をしていてつくづく感じました。

160821 hidari

160821 cuba

 自身が同行していたBチームの2試合目の対戦相手は、メキシコ系を中心とする、キューバ、プエルトリコなどのラテン系チームでした。指導者の方もスペイン語で話しかけてくれ、試合中から『トモ~!!』と何度も話しかけてくれて色々とコミュニケーションをとることができました。
 先発投手(キューバ系)は素晴らしい投手で5回まで日本打線を完全に抑え、ランナーを一人も出すことができませんでした。この後、相手チームはどうしたか・・・?なかなか日本人の我々には想像もできないかもしれませんが、なんと、この完全試合をしているエースを5回で下げて、別の投手が投げ始めました。その後、日本チームが逆転して試合に勝ったのですが、試合中・試合後の指導者・保護者の方々は口々にこう話していました。
 『この大会、試合ももちろん大切だ。できることなら勝ちたいし、勝つことを目的に試合をしている。だけど、目の前の勝利よりも大切なのは、子供たちの未来なんだよ。彼は5イニングを投げた。今日は素晴らしいピッチングだった。彼ももっと投げたかった。我々も彼に投げ続けてほしい思いはある。だけど、一番大切なことは彼の未来だということを忘れてはいけないんだよ。今日は本当に良いゲームだった、ありがとう!あなたたちを祝福すると選手みんなに伝えてほしい!』と。
 目の前の試合に勝ちたいのは、日本人も、アメリカ人も、キューバ人も、ドミニカ人も、みんな同じだと思います。そのために精一杯プレーします。ただ、絶対に大人が忘れてはいけないことは、彼らの未来をすり減らしてまで、今日の勝利に固執してはいけないということなんだと思います。
 その結果は、今のメジャーという世界ですでに証明されているのではないでしょうか?

 日本の良さを活かしながら、日本の良さも追求しながら、海外からも学ぶ!
 島国・日本やからこそ大事じゃないかなとLAにてつくづく感じています!!

160821 korean

160821 genki
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する