『ちょっと冷静に、客観的に考えてみませんか???』

160726 kokki

 ドミニカ共和国に到着して3日目。
 今日はマイナーリーグの最下層に位置する、ドミニカン・サマーリーグの試合観戦に行ってきました。
 メジャーリーグ全30球団が所有しているアカデミーで、ここでは主に17~18歳ほどの選手がプレーしています。今日はメッツVSフィリーズの試合、ジャイアンツ(サンフランシスコですよ!)VSレッズの試合を梯子してきました。

160726 2

 まだまだ粗削りな選手も多く、凡ミスも多数、豪快な三振、エラー、投手のコントロールミスも多数です。ただし、とにかくミスを恐れずストライクゾーンで勝負する投手と、それにフルスイングで立ち向かう打者たち、いつ見てもここに来ると自身がやるべきことを思い出させてくれます。

160726 1

 ちょうど母国では、夏の高校野球が行われていて、各都道府県の代表決定が進んでいるようですね。
 ネットでもFBの投稿でも非常にこの話題を多く見かけます。

 これを全て否定したいわけではありません。日本の野球の良いところももちろんあると思います。
 ただ、ちょっと冷静に、客観的にドミニカの野球と比べることができればと常々思っています。

 ドミニカン・サマーリーグでは全球団が72試合を行うリーグ戦方式で、先発投手は最大75球・中5日ほどで回すチームがほとんどです(メジャーでも100球・中4日が基本ですから18歳くらいならこれくらいが当然という考えです)。負担の大きい捕手も2人でプレーする日、しない日を明確に分けてのぞんでいるチームが多数です。勝っても負けても次があるリーグ戦で野手たちも思い切ってプレーし、指導者も試合の中でのミスも含めてたくさんの経験を選手に積ませることに重きを置いて指導に当たっています。そういった取り組み・システム・指導方法の積み重ねが、毎年多くのメジャーリーガー・スーパースター輩出に繋がっていることも大きな要因の1つであることは間違いないと思います。

 翻って、なぜ日本では1回負けたら終わりのトーナメントで、まだまだ若く経験の浅い選手が失敗の許されない環境でプレーしなければならないのでしょうか?勝ち上がっていくと、投手は中5日なんて夢物語、毎日のように(よくて中1日で)登板しなくてはならないのでしょうか?負けられないが故に、挑戦することよりもミスしない選手を育てるために過度な練習をしなければならないのでしょうか?その結果、大人になってから本来もっと活躍できる可能性を持っていた選手をつぶしている可能性はないのでしょうか?

 水を差すようですが、この時期だからこそ、今一度冷静に、客観的に、日本の野球をよりよくしていくための方法を考えて行動するべきではないかなと思います(自分も含めてです!)。

160726 caribe

 今日のサマーリーグの試合後、カリブ海を眺めながらカリブの英雄ロベルト・クレメンテの言葉がふっと頭をよぎりました。
 Cuando tienes la oportunidad de mejorar cualquier situacion,
 (君の前に、どんなことでも改善するチャンスがあって、)
 Y no lo haces
 (もし、君がそれをしないということは、)
 Estas malgastando tu tiempo en la tierra.
 (君はこの地球上にいる時間を無駄にしているんだよ。)
 
 (※クレメンテ選手はメジャーで3000本安打を達成した直後、ニカラグアで起こった地震の被災者に心を痛め、自ら救援物資を運ぶために乗った飛行機が墜落し、そのまま現役中に帰らぬ人となったプエルト・リコ出身の選手です。)

 すぐには変わらない、でも諦めずに、少しずつ着実に行動していくことが大事かなと!
 日本の子供たちの未来にとって本当に良いものは何なのかを模索しながら!
 まずは大人の固定概念を破壊するところから!?
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する