こんなところに?

ベネズエラ料理屋 Hua Hin

 ヨルダンの仕事が予定より少し早く終わって(終わらして?終わらされて?)、経由地のタイで4泊(バンコク→大阪行きのチケットが変更不可で足止め)。

 バンコクに4泊もあれだし、プーケットはちょっと遠いし、パタヤは人がいっぱいいそうやし・・・、ということで列車に3時間半ゆられて(当然のように1時間余計にかかって4時間半で)Hua Hin(フアヒン)へ。

 ちょうどオフシーズンで旅行者が少なく良い感じにのんびりしていました。

 シーフード料理とタイマッサージの店とどこにでもあるタイの地方都市の光景ですが、こんなところにベネズエラ国旗が。入ってみると、本当にベネズエラ人が経営している店でした。
 
 注文すると、接客そっちのけでしゃべり始めるオーナー。ものすごいメジャーリーガーをたくさん輩出しているベネズエラにぜひ行ってみたいと話すと、『自分たちの国は本当に素敵な国だけど、残念ながら今はお勧めできない。政治も不安定で、経済も良くない。悲しいけど、そこら中で強盗殺人が起こっているよ。だから、前から気に入っていたタイにベネズエラから逃れてきたんだ。』とのこと。

 自分の国が住めないくらい危険な状況になるって、平和な時代の日本に生まれた我々には想像しがたいが、現実にそういうことは世界の中で起こりうるのだろう。もちろん、願わないがいつか日本もそうなる可能性はゼロではないと思う。

 陽気なベネズエラ人に『ご両親は元気?』と聞いたとき、一瞬すごく悲しそうな目をした。危険な祖国に両親をおいて、未知の土地で明るく商売を始めるベネズエラ人。世の中には国籍問わず見習うべき人がいっぱい!!

 冗談抜きに久しぶりの南米料理おいしかったです。商売が成功して、両親をタイに呼べますように!それよりも早く、祖国が安定を取り戻し、家族みんなで穏やかに暮らせる日が来ることを願いつつ・・・。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する