スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『ラテンアメリカのウィンターリーグは選手育成の場ではありません!』

1229 obre

 12月中旬からメキシコに滞在し、横浜DeNAベイスターズの乙坂選手が出場していたメキシコウィンターリーグを再訪。その後、パナマ経由(パナマのCOPA航空が中南米ではけっこう便利な存在です)でドミニカ共和国へ。なんとかレギュラーシーズンの試合に間に合いました。

1229 copa

1229 ET

 日本では中南米野球のウィンターリーグといえば若手選手の育成の場と考えられがちです。特に台湾でのウィンターリーグが開催され始めてから、その傾向が強くなってきているように感じます。しかし、ドミニカ共和国、ベネズエラ、メキシコなどで行われているウィンターリーグは決して、若手育成の場所ではなく、勝敗が全て、結果が全ての実力の世界です。(台湾のウィンターリーグは興行に関係のない育成の場ですので、意味合いが全然違います。)

 ましてや、アメリカや日本のプロ野球より、はるかに短いレギュラーシーズン、敗者はプレーオフからどんどん除外されていき、興行にも大きな影響を及ぼすため(ドミニカ共和国の場合、6球団でのレギュラーシーズンが各球団50試合、上位4球団による準決勝ラウンドが各18試合、そこで上位2チームになった決勝シリーズは9戦5勝先取)、調子が出るまで待つということもなかなかしてもらえず、すぐに解雇やロースター(出場枠)から外す、ということも常にあり得ます。今回、乙坂選手がなぜメキシコで1か月間にわたりプレーできたか。それは、ただただ結果を出していたからで、結果が出ていなければ何の保証もありませんでした。

 プレーする環境は日本のプロ野球より過酷だと思います。これらの国に新幹線という優れた乗り物はありませんので、遠征の時は選手も監督やスタッフもみな共にバスに何時間も揺られて移動します。時には試合後、深夜からバスに揺られ、翌日到着したらそのまま試合ということもあり得ます。ただ、これはアメリカのマイナーリーグでは当たり前ですので、こちらの選手はこれに文句を言うことはありません。日本からきた選手は驚きだと思いますが・・・。

 環境は厳しいですが、監督・コーチをはじめ、スタッフ陣は最大限に選手をリスペクトしてくれ、選手が常にリラックスして、最大限の力を試合で発揮できるようにサポートしてくれます。その中でチームの勝利、自身の居場所を確保するために、仲間と競い合っていきます。

1229 mex

 台湾のウィンターリーグが無意味だとは思いません。ただ、本当の意味での厳しさの中でのチャレンジという点では、ラテンアメリカのウィンターリーグとは似て非なるものだと思います。だからこそ、ドミニカ共和国やメキシコのウィンターリーグにさらにチャレンジする選手が増えてくればと願わずにはいれません。

 クリスマスもあけて、さあドミニカ共和国は準決勝ラウンド開幕と思えば、初日の首都サントドミンゴは季節外れの大雨で中止、翌日はなんと球場が火事(球場に入る直前で助かりました・・・)で中止!!色々ありますが、色々ある中で日本人が学ぶこともあるのではないかなと思います。さて、今日のサントドミンゴは何がおこるか??ハプニングは続きます!?

1229 fuego
 
スポンサーサイト

『筒香嘉智選手の実践練習も見れる! 堺ビッグボーイズ中学部体験会』

 2018年1月8日(月・祝)、堺ビッグボーイズ専用グランド(河内長野市南花台)にて、堺ビッグボーイズ中学部(小学6年生で堺ビッグボーイズへの入部を検討しているお子様が対象です)の体験会を開催します。

 当日は出身選手である横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手も、自身の練習の取組みを紹介、堺ビッグボーイズの指導方針もご紹介します。

1226 体験会

 お申し込み締め切りが迫っています。ぜひ、この機会にお越しください!
 
 堺ビッグボーイズの公式HPはこちらです。
 http://bb-future.net/http://bb-future.net/
1226 体験会 筒香

171129 nishino
 

『横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智選手と一緒に野球を体験しよう!!』

 2018年1月14日(日)、『堺ビッグボーイズ小学部・アグレシーボ体験会2018』を開催いたします!
 4~6歳の幼稚園児・保育園児、小学1~3年生でまだ野球チームに所属していないお子様が対象です。
 詳細案内、申し込み方法は下記の写真の通り、お申し込み先は info@bb-future.net です。
171212 agresivo3

 日本全国で子供たちの野球競技人口減少がささやかれていますが、その状況に対し、先頭に立とうとしている現役プロ野球選手がいます。
 横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手は侍JAPANの4番として、WBCベスト4に貢献、ベイスターズでは主将を務め、今シーズンは実に19年ぶりの日本シリーズ進出に貢献しました。

 現役のプロ野球選手でありながら、現在の野球が置かれている状況に非常に危機感を感じ、多くの子供たちが野球に親しみ、楽しみながら大きく成長してもらいたいと、2017年1月より、自身の出身チームである堺ビッグボーイズの小学部のスーパーバイザーに就任し、少年野球への取組みも開始しています。

 なぜ、彼が少年野球に携わるのか?それはただ単に、野球人口が減少しているから、野球をする子どもたちを増やしたいという短絡的な理由だけではありません。
 これまでの少年野球の指導アプローチが現代の社会が求めるものとかけ離れてしまっているのではないかと危惧し、野球指導の中で、子供たちが『発想力』・『創造力』を養えるようなアプローチの必要性を感じて、このような取り組みを行っています。

20171212 kura

 そのためにも、まずは子供たち自身が野球という競技を好きになること!まだまだ小さな彼らの心の中に芽生えるこの想いこそが全ての原点になると思います。

 今回は4~6歳の未就学児、小学1~3年生の野球チームに所属していないお子様が対象です。この機会に筒香選手と一緒に野球を体験いただければと思っています!
 チームのHPはこちらです!
 http://bb-future.net/
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。