日本の高校野球地方予選を観戦して

皆さま、こんにちは。
だいぶ長い間、ブログをご無沙汰していました。
この4か月ほども、おかげさまで全国各地で多くの方にお会いする機会があり、セミナーなどを通じて、これからの日本の野球のあり方について考える機会を持てていると思います。


まもなく、夏のドミニカ共和国へ出発予定ですが、今年は例年よりも出発が少し遅めのため、各地で高校野球の地方予選も何度か観戦しています。
主に、セミナーにお越しいただいている先生方の学校や、堺ビッグボーイズの選手の進学先などをタイミングが合うときに訪問しています。


7月8日はちょうど沖縄でのセミナー当日に行われた美里工業対北山高校の試合。
沖縄1
美里工業はセンバツ出場したことのある強豪校、北山高校もこの春に県ベスト4を果たした学校。
2回戦としては好カードで平日ながら多くのお客さんも観戦していました。
試合は7回を終えて1-1の同点、美里工業が8回表に3点、9回表に2点とり、最終的には6-1。


7月18日は大阪学芸高校と上宮太子高校の試合。
大阪1
こちらも、6回終わって1-1、そろそろ投手も疲れてきているなと思ったら、やはりミスも重なって7回表に学芸高校が4失点。


つくづく感じるのは、トーナメント制の大会における投手の交代のタイミングの難しさだなと思います。
本当は思い切って変えたい、変えるべきところ、ただし、トーナメントで次もわからないので、なかなかエースが打たれる前には変えにくい。


指導者にとっても選手にとっても、このような接戦を落とした時に、次はどのように戦っていくかという対策を立てて次戦に向かえればいいのですが、残念ながら現行のトーナメント制ではその機会が訪れることはありません。


簡単に変わるものではないことは重々承知していますが、このような接戦の試合を勝ったり負けたりしながらリーグ戦の中で何度も経験していけば、指導者にとっても選手にとってもものすごい成長につながるのになと改めて思います。


日本の選手のレベル・もともと持った能力は決して低くはない、だからこそ、選手たちがもっともっと成長できる環境を願いつつ、またどこかの現場で試合を見ることができればと思います。
日本野球がより良い環境になることを願って、今日もVamos!
高校野球2
高校野球1
 

『何かが動き始めている!!』

 皆さま、こんにちは。
 久しぶりのブログアップです!
 1月2日にドミニカ共和国より帰国し、日本での活動を再開、そして現在、少しだけドミニカ共和国へ戻ってきています。

 この野球オフシーズンの期間、日本の野球界では多くの変化の兆しを感じました。
 12月には私も高校時代を過ごした新潟県で、県高野連が来春の大会で球数制限を導入すると発表しました。2月20日に全日本高野連より再考を申し入れるという(よくわからない)返答があったものの、この波紋は消して消えることはないと思います。一旦、断念となるようですが、今後多くの議論を呼ぶことを期待しています。

1903175

 講師としてお声がけいただいた、1月5日の群馬野球フェスタ2019では、全日本軟式野球連盟の宗像専務理事より、学童野球においても70球の投球数制限を設ける意向と発表されました。

1903177

1903176

 そして、1月14日に堺ビッグボーイズのOBである、横浜DeNAベイスターズの筒後選手と実施した堺ビッグボーイズ小学部・アグレシーボ体験会(4~6歳の幼児と小学生低学年の野球未経験者対象)には、先述の全日本軟式野球連盟・宗像専務理事や、慶友整形外科病院の古島先生(日本の中でも有数の野球肘障害に関するドクター)ら、多くの有識者もお越しくださり、体験会後のシンポジウムでは、筒香選手自ら、今回の全軟連の投球数制限など、変化を恐れない取り組みを応援したいと伝えました。

1903178

1903179

 もちろん、まだまだすんなりいかないことも多いと思います。様々な反対意見も出てきたりすると思います。
 ただし、大切なことは変われるところから変わろうと声をあげて、実際に変化を促していくことだと思います。

 もちろん、球数だけが日本の野球界の問題ではありません。勝利至上主義を助長するシステム(特にトーナメント中心の大会!)、スポーツマンシップの欠如、世界基準とかけ離れた飛びすぎる金属バットなどなど、様々な課題を抱えています。世界各国の選手育成と比べても、本当にまだまだ変わらなければならないことがたくさんあります。

 しかし、何か、確実に変化が起こり始めています。
 時間はかかるかもしれないけど、きっと日本の野球も変われる。
 その中で自身ができることは微力かもしれませんが、これからも行動・発信を継続できればと思っています。

1903171

1903173
 
 現在は外務省のプロジェクトで日本の大学生9名をお連れしてドミニカ共和国に滞在しています。帰国後、様々な活動で皆さまとお会いできればと思っています。どうぞよろしくお願いします!!

1903172

1903174
 

『システムの違いによる、結果の違い』

 皆さま、こんにちは!
 そして、メリークリスマス!
 私は今年も12月をドミニカ共和国で過ごしております。

181226 1
 
 毎回、多少の変化はあるものの、相変わらずこの国の人々は野球に熱狂し、そして選手を育成し続けています。
 カードにもよりますが、ウィンターリーグにはたくさんの観客が詰めかけ、ハンリー・ラミレスやフェルナンド・ロッドニーのような大物メジャーリーガーも出場し、熱戦が繰り広げられています。

181226 2

181226 5

 街中に目を移せば、夏のシーズンをマイナーで過ごし、翌年以降のメジャー昇格を目指す若手選手や、まずはマイナー契約を勝ち取ろうとするもっと若い世代の選手たちが、日々練習に励んでいます。そして、そこには選手たちの未来を見据えて指導にあたる指導者の姿もあります。

181226 7

 数えてみれば、今年メジャーでプレーした(メジャー登録された)ドミニカ共和国出身の選手の数は134名。去年より若干少なくなりましたが、それでも人口1000万人の島国から驚異的な輩出数です。ちなみに日本は8名でした。

 もちろん、日本人は能力がないとか、可能性がないとか、そういうことを言いたいのではありません。むしろ、日本人にももっともっと可能性がありますし、努力も十分していると思います。

 ただ、その努力の方向性が全体のシステムの違いによって違うだけなのだと思います。
 日本で進む子供たちの野球離れ、指導者の行き過ぎた指導の問題、選手の特に投手の酷使の問題、トーナメント制が主体による勝利至上主義の問題・・・、大げさではなく、すべての解決のヒントがドミニカ共和国の中にあるのではないかと感じています。

181226 3
 
 この冬は大変多くの方にお越しいただき、約20名の方に日本からお越しいただいています。
 今日の夜には今年の最終グループの到着です。
 時間と費用をかけて来て下さる方々にとって実り多き滞在となることを願って、私自身も住した学びを引き続きドミニカ共和国で継続することができればと思っています!

181226 4

 下記、書籍も引き続きよろしくお願いします!

0722 book

 アマゾンでのお買い求めはこちらから↓↓↓
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4809415945/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4809415945&linkCode=as2&tag=misa0718-22&linkId=e8fc980b1b5673f67b9d65dc3a998636 

『Se acabo la fiesta! お祭りは終わってしまった!』

181201 3

 Game set! 試合終了!野球の試合が終わった時、アメリカや日本ではこう言われますが、ドミニカ共和国では『se acabo la fiesta! (セ アカボー ラ フィエスタ)!』と審判が大きな声で告げます。直訳するとお祭りは終わってしまった!楽しい野球のゲームが終わってしまったんだ!とドミニカらしくなく?どこか哀愁が漂った表現を使います。

181201 1

 日本もまもなく冬を迎え、野球シーズンが終わろうとしています。
 大阪の公立高校6校にお声がけして始まった『Liga Ftura』という投球数や使用するバットなど特別ルールを採用したリーグ戦は今年で4年目を迎え、参加校も公立7校、私学3校の合計10校が参加するリーグ戦になりました。

181201 2

 晴天にも恵まれ、リーグ戦では多くの経験を積むことができ、最後の決勝トーナメントは白熱する僅差の勝負となり、例年以上に盛り上がったのではないかと思います。
 特に低反発金属バットか木製バットの使用が義務付けられているため、打者は力強いスイングが常に求められ、少しずつですが成果も見え始めているのではないかと感じました。投手もストライクゾーンにストレートをどんどん投げ込む姿が見られました。彼らの今後が楽しみなリーグ戦になったのではないかと思います。

 私も何試合か観戦しましたが、特に最後の決勝戦は1点差を争う好ゲームに。2-0から1点差に追い上げ、なおも2死2・3塁でふらふらっと上がった飛球をライトの選手がダイビングキャッチ!結局、試合は2-1のまま大阪学芸高校が初優勝を勝ち取りました。

181201 4

 素晴らしい映画は見ていてあっという間に過ぎ去り、どこかこのまま終わってほしくない感覚になります。楽しい飲み会も終わりの時間を迎えたくないと思います。スポーツも同じで良い試合はこのまま終わらずにずっと観ていたい、ずっとプレーしていたいという感覚になることがあります。正に『se acabo la fiesta!』お祭りは終わってしまった・・・!と、言いたくなるこの感覚が大事なのかなと。

 まもなく、日本の2018年の野球シーズンは終わりますが、来年以降も日本全国で良い取り組みができればと思っています。そのためにもカリブの島国で英気を養ってまいります。

 ニューヨークからサントドミンゴへ向かう機上より!

181201 5
 

『世界基準の低反発バットを使えば、打撃だけでなく、守備力も投手力も向上する!!』

1023001

 皆さま、こんにちは!
 一部で報道もされましたが、堺ビッグボーイズでは10月に入り自身らが主催するリーグ戦で世界基準の低反発金属バットを導入した試合を開催し、何名かのマスコミ関係者にも取材にお越しいただきました(下記の記事もご参考下さい)。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20181016-00100694/

1023006

 日本では、高校生まで金属バットを使用していますが、実はこの金属バットは世界でもまれにみるよく飛ぶバットです。私がよく学びに行くラテンアメリカの国々では13歳ころから木製バット、アメリカなどでは木製バット並みに反発係数が抑えられた低反発金属バットの使用が試合でも義務付けられています。

180811 LAD

 日本の金属バットは、どこで打っても良く飛ぶ(芯の大きさもそうですし、捕手よりの体に近いポイントでなく、投手寄りの前で打っても飛んでいく、いわゆるドアスイングでも飛んでいくという特徴があると思います。)、打球速度が速い、飛距離も違うという特徴があります。そのため、国際大会に行くと、日本の高校生や中学生は大会規定で木製バットや世界基準の低反発金属バットを使用しなければならないため毎度苦労することになります。もちろん、国際大会に行かなかったとしても、大学以降で使用する木製バットで大変な苦労をすることになります。もし、この低反発金属バットを日本の中高生の試合でも使用を義務付けたならば、今のような甲子園大会でホームランがたくさん出るような試合展開にはならないと思いますが、全体的な打撃力向上を図ることができ、世界の舞台で日本の中高生が今のように苦労する場面は減ると思いますし、大学以降、プロやひょっとしたらMLBでも活躍する選手が増えるのではないかと思います。

1023002

 堺ビッグボーイズでは、この低反発金属バットを使用して、試合などを行っていますが、気づいたことはバッティングの向上だけではありません。投手は、打たれにくくなるため、警戒しすぎて四球を出すよりも、思い切ってストライクゾーンで勝負できるようになります。結果、誘い球としての変化球も減り、ピンチの数も減るため、投球数はこれまで以上に少なくなり変化球多投による投手としての負担も減ります。

1023003

 そして、もう一つは守備力(特に内野手)の向上という効果です。打球速度が弱くなるため、内野手は待って捕るのではなく、前に出てチャージしていく能力、持ち変えの正確さや速さやを養う機会が増えます。今まで追いつけていなかった打球にも追いつく回数が増えます。そして、速くきつい打球が少なくなるため、体が硬くなることなく、柔らかい動きでプレーできる守備機会が断然多くなります。これが、もしかしたら将来的に最高峰のMLBでプレーする際に必要な天然芝での打球処理にもつながるのではないかと思います。

1023005

 もちろん、MLBを目指すことが全てはありませんし、うちの子がみなMLBを目指しているわけではないのでそこまでは・・・、と思われる方もいるのは事実だと思います。しかし、大切なことは、選手それぞれの能力を将来的に(今ではなく先で!)最大限伸ばす環境を大人がどれだけ用意できるか?ということだと思います。

 そういった意味では、低反発金属バットを使用することが、打撃力向上だけでなく、投手としての成長、守備力の向上にも寄与するのであれば、どんどん積極的に行うべきでは!と思い始めています。

1023007

バットからも日本の野球に変化を!まだまだいきます!
バモス!

1023004